パワコンの発電効率を落とさないためのポイント

パワコンは利用方法によっては発電効率が低下してしまうので注意しなければなりません。


設置場所としてはできるだけ配電盤の近くにしてケーブルを短くする必要があります。

パワコンの詳細情報となります。

これには2つの理由があります。


まず、電気がケーブルを通過する際にロスが発生します。


長くなればそれだけロスも大きくなってしまうため、短くすることが好ましいです。また、電圧抑制の頻度を下げることもできます。ケーブルが長くなると抵抗が増えて電圧が上昇するので電圧抑制が発生しやすくなり、出力停止の頻度が上がります。


短くするのが難しい場合は太いものに切り替えて抵抗を下げると良いでしょう。



なお、ソーラーパネルとパワコンを繋ぐケーブルに関しては長くても問題ありません。



電線内の電圧は周辺環境の影響も受けるため、自宅だけでは対処が難しいことがあります。この場合は電力会社に相談してパワコン側の検出値を変更できるように許可を得るか、電線に変圧器を取り付けて制御できるようにします。

後者の場合は自分で用意しなければならないので費用負担が発生します。


内部温度の上昇にも注意が必要です。
パワコンは精密機械であるため高温に弱いです。そのため、一定以上の温度を検出すると故障を避けるために動作を停止します。


この対策としては屋外に設置する場合には直射日光が当たらないところを選びます。

また、密閉した空間では風通しが悪くなって内部の温度が上昇するので通風孔を塞がないようにします。