パワーコンディショナーの価格と発電効率について

太陽光発電システムの一つでもあるパワーコンディショナーは太陽光パネルで発電を行った電力を住居内の電化製品に利用可能な電源に変換するための設備の一つです。

太陽光パネルで発電した電源は直流電源で、そのままでは冷蔵庫やエアコン、洗濯機やテレビなどの電化製品に利用が出来ません。


直流電源を交流電源に変換する装置として太陽光発電システムには欠かせない存在です。

価格のパワーコンディショナーについて知りたいならこのサイトです。

価格が高くなるほど発電効率も向上すると言われていますが、発電効率と言うと太陽光パネルの性能をイメージする人は多いのではないでしょうか。

発電効率は太陽光を100とした時に発電が出来る量を数値化したもので、一般的には太陽に対して南の方角と太陽光の入射角度が30度の時に100の発電効率を期待出来るなどの基準があります。



パワーコンディショナーの価格が高くなる事で、電力消失量が少なくなる、太陽光パネルで発電した電源を交流電源に変換する時に損失量が少なくなるため、より多くの電気を住居内で利用が出来る、余った電力を売電に回せるなどのメリットに繋がります。

但し、パワーコンディショナーの価格が高くても太陽光パネルを設置する屋根の環境、住宅の環境などに応じて発電量は変わるため高ければ良いと言うわけではありません。

価格が高いパワーコンディショナーは電気損失量を抑える効果を持つため、太陽光パネルの設置条件などに応じて多くの電力を売電に回せるなど性能比較を行って選ぶのがお勧めです。